自動車保険の比較・審査・申込なら

自動車保険の教習所

自動車保険の基礎知識

ダイレクト自動車保険とは?メリット・デメリットや評判などを大紹介!

投稿日:

ダイレクト自動車保険ってそもそもなに??

自動車保険の先生
ダイレクト自動車保険とは、保険加入者と、保険会社が直接契約を結ぶ自動車保険です。 一部では、「通販型」と呼ばれることも有ります。 料金の安さなどが後押しし、現在主流になりつつあります。

あれ?これって普通なんじゃないの?と思う方はは、お若い方でしょう。
なぜ、これが主流ではなかったのか?それは、「代理店型」が非常に普及していたからと言われております。
ダイレクト型が一般的になる前の自動車保険とは、代理店を通して保険会社と契約することが一般的でした。
色々と理由はあるのですが、昔(1998年以前)は、保険額を保険会社が自由に決めることが出来なかったのです。
ただし、それが出来るようになり、価格競争が始まり、最も不要だった代理店費用をカットすることが普通になったり、
それに加え、インターネットが普及し、直接契約することが用意になったこともあり、
ダイレクト型が普及したのです。

実際どんなところが異なるの?

ダイレクト自動車保険のメリット・デメリット

  • メリット
    自分で様々なオプションをつけることが可能。また、代理店では取り扱っていない商品なども多く存在します。
    また、費用面も非常に安く収まる傾向にあります。なぜ、安く収まるかというと、代理店費用(付加保険料)が不要となるからです。
    そのため、安かろう・悪かろうではなく、純保険料(純粋に保険に使うお金)はそのままに、
    同じ品質の保険を安く申し込むことが出来るのです。
  • デメリット
    実はデメリットも多少あることは否めません。
    というのは、代理店型に比べ、説明員の方の話が聞けないためです。
    もちろん電話などでの問い合わせは可能ですが、実際にはその会社の説明が聞けるだけであり、
    他社との違いなどを聞くことは出来ません。
    代理店の場合は、代理店側からすると(本来は少し違いますが)どの保険が売れても良いので、
    ある程度フラットに比較してくれるでしょう。

 気をつけなくてはいけないポイントとは?

  • 絶対に複数社の見積もりを取り、サービス内容を比較すること
    代理店じゃないからこそ、一社一社のサービス内容をきちんと把握し、
    最も良い保険会社を選ぶ必要があります。
    たとえば、初期見積もりの価格だけで選んでしまった場合に、実は全然オプションがついておらず、
    最終的な価格は跳ね上がったり、、なんてケースも良く有ります。
    そのため、インターネットのホームページだけでみるのではなく、
    実際に相見積もりを行う必要が有ります。
  • 聞いたことのない会社とは絶対に契約しない
    これは大丈夫だとおもいますが、出来るだけ聞いたことの有る会社にしましょう。
    シンプルに一括見積もりにに入っているレベルの会社であれば、なんの問題もないでしょう。

今のシェアはどのくらいなの?

はい。良い質問です。

実際の今のシェアは実は、今でも代理店型9割:ダイレクト型1割だったりするのです。。
もちろん、昔、代理店型で契約して、そのまま、、という方が多いことは間違いないのですが、
かなりの金額を無駄にしてしまっていことがわかります。

いま、自分で比較して、最も良い保険会社を選ぶことが出来るという自信のある方は、
ダイレクト自動車保険への加入、切り替えをお勧めします。

※ただ、実際には比較がちゃんと出来ない人でも、代理店型と同じ保険内容をダイレクト型で組めば良いだけなので、
最安値に出来ないケースはありますが、代理店型よりはほぼ確実に安くすることが出来ます。

ダイレクト自動車保険ってしっかり保険金を払ってくれるの?

実際、一括見積もりに入ってくるような会社であればまず間違いなく大丈夫です。
元々、そもそも揉めたときの対応コストの方が高くなってしまうので、
必要以上に保険会社も渋ってくることはありませんし、今の時代において、
不当に支払いをしないということは、炎上につながってしまうので、
気にすることはないでしょう。

ダイレクト自動車保険ってどんな会社があるの?

これも良く聞かれる質問ですが、例えば、

  • SBI損害保険
  • イーデザイン損害保険
  • セゾン自動車火災保険
  • ソニー損害保険
  • チューリッヒ保険会社
  • 三井ダイレクト損害保険
  • アクサ損害保険

このあたりが、有名かつ、人気どころとなります
最低限このあたりの会社はきちんと調べた上で、保険を決めた方が良いでしょう。

 

事故が起きた場合の対応は代理店型と異なるの?

これは少し異なります。
代理店型の場合は、あくまで加入した人が代理店とやりとりをし、代理店が保険会社とのやり取りを行います。

ただし、ダイレクト型の場合は、直接電話でやりとりを行います。
ただ、これが支払い可否に影響するかということはなく、
あくまで、告知事項をごまかしていたりしていなければ大丈夫なので、安心して問題ありません。
※あと良くあるのは、登録している方以外の方が運転した場合などもありますが、
普通の方は、それも問題ないでしょう。

-自動車保険の基礎知識

Copyright© 自動車保険の教習所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.