自動車保険の比較・審査・申込なら

自動車保険の教習所

トヨタ 車種別分析

スペイドの保険料の相場はいくら?最安値を年齢別にご紹介!

投稿日:

トヨタのスペイド!任意保険はいくら??

任意保険の料金は、カバー範囲によっても違いますが、安くしようと思えば、
31,000円(年間)程度〜契約が可能です。

今回の見積もりは30歳で初めて車を買う(初めて保険に入る)ただし、ゴールド免許にの人。
かつ年間5,000km程度までしか運転しない人を対象に金額を算出しております。

もちろん、もっと保険加入歴があり、等級が高い人は安くすることも可能です。
逆に、今回は車両保険はいれておりませんが、車両保険にも加入すると、41000円〜55,000円(年間)まで値段は上がります。

車両保険とはなんなのでしょうか?

ここまで金額が変わるとなると車両保険ってなあに?という疑問がもちろん出ますよね??
車両保険というのは簡単に言うと、車に掛ける保険です。
たとえば、

  • 車にいたずらをされてしまって、修理をしたい
  • 他の車とぶつかってしまって車が壊れてしまった。
  • 車が盗難にあってしまった
    などがあがります。

もちろん、ガードレールにぶつけた場合や、当て逃げされたという時にも使える保険はありますが、
それはまたプラス料金となってしまいます。(通称:一般型保険)

事故の場合は、こちらに過失がなければ相手の保険でなんとか出来るのでは?
と勘違いしている人も多いですが、一般的には最大でも2対8程度となり、2割程度は払う必要性が発生します。
※車が止まっている場合などは別ですが。。

そのためなにかのときのために、車両保険は入っておくことをおすすめいたします。

スペイドってどんな他にどんな保険が必要??安全性能はどうなの?

スペイドの安全性能

まずは必要な保険を見積もるにあたり、安全性能を確認してみましょう。
スペイドの安全性能を語るにおいて、大事なことは、

  • 超高性能SRSエアバッグ
  • 全方位コンパティビリティボディ構造

の2つでしょう。
まずは一つ目から紹介です。

超高性能SRSエアバッグ

写真を見れば一目瞭然ですが、かなりの量のエアバッグが搭載されております。これにより、事故が起きた際の乗員の危険性を最小化することができています。
この機能に関しては最近はスペイドだけでなく、トヨタ車であれば搭載されている車が増えてきましたが、非常に重要な機能と言えるでしょう。

全方位コンパティビリティボディ構造

この機能は車両保険にもろに聞いてくるのですが、スペイドは全方位からの激突に備え、ぶつかった際の衝撃を最小化するようにつくられています。当然ながら、自分の車だけではありません。
ぶつかってきた車にかかる衝撃も最小化するように設計されているので、修理代が安くなります。そのため保険料や自己負担額もやすくなる傾向に有ります。

 

そんなスペイドに必須の保険オプションとは??

最低限必要なオプションは2つと考えて良いでしょう。
それは、弁護士費用系の特約と、対物超過修理費用特約の2つです。

その他保険、例えば、社内にあるものが壊れた場合の保険や、レンタカー費用の保険など。。この辺はどう考えても数万円の負担でおさまることが見えているので、契約する必要はないでしょう。。

では、なぜ、上記の2つが必要なのか。
まず、弁護士費用の特約は、なにかあったときに保険料を貰える可能性を確実にアップさせてくれるからです。
特に、当てられたり、といった相手の車が悪い時には最大効果を発揮します。それは自分の保険会社ではなく、相手の保険会社と交渉を実行してくれるからです。
そのため、つけておけば、最大限まで相手の保険からお金をむしり取ってきてくれます。

もう一つは、対物超過修理費用です。
これは、例えば、保険にはいって5年後に事故って、車を全損させてしまったとします。かつ、深刻な壊れ方の場合、うっかりその時の車の価値(新車の時の価格から5年分の償却が行われ、やすくなった価値)をこえてしまう場合があります。

その時にこの保険に入っていないと、損失を被ってしまうのです。
そのため確実に直せるだけの金額を貰うために、このオプションには入っておくべきでしょう。

最後に年齢別の保険料を公開します

さて、年齢別の保険料を、アクサダイレクトの簡易診断をベースに公開しますと、
25歳(初加入&ゴールド&車両保険なし):57100円(年間)
30歳(初加入&ゴールド&車両保険なし):31000円(年間)
35歳(初加入&ゴールド&車両保険なし):30330円(年間)
40歳(初加入&ゴールド&車両保険なし):30090円(年間)
※これ以降は、そこまで安くなっていきません。

もちろん初加入じゃなければもっと安くなっていきますが、
一般的な30歳以上の人で、月々の保険料が3,000円をこえてしまっている人は、もっと安くできる可能性が高いので、一括見積もりを実施してみる価値があるといえるでしょう。

 

 

-トヨタ, 車種別分析

Copyright© 自動車保険の教習所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.