自動車保険の比較・審査・申込なら

自動車保険の教習所

トヨタ 車種別分析

ヴォクシー(VOXY)※新型の保険料の相場はいくら?

更新日:

トヨタ ヴォクシーに必要な自動車保険料はどのくらい?

年齢:26歳以上
等級:18等級
年間走行距離(km):5000km
免許の種類:ゴールド
運転者限定:家族限定
運転者の年齢制限:26歳以上
対人賠償:無制限
対物賠償:8000万円まで
車両保険:付ける
とした場合は、大体、年間64700円(月々5500円)です。

トヨタ:ヴォクシー2.0 ZS 煌の料率クラス:

対人:3/対物:4/搭乗者:4/車両:4
(対人:低め/対物:普通/搭乗者:普通/車両:普通/総合評価:低め)

そもそもヴォクシー(トヨタ)とは?

いま、若者には一番人気のバンかも知れない、そう思わせるのがヴォクシーでしょう。

黒いフォルムで重厚。それでいて、若い方にもピッタリな少々不良くさい部分を感じさせる車。

ヴォクシーの人気の秘密は完全にデザインが主な要因でしょう。
ノア、そしてエスクァイアと比較しても最も人気が高い車種となります。

また、家庭用として、利用する車としても非常に優秀で、特に安全面では、
JNCAPの新・衝突安全性能試験という安全性のテストで、
最高ランク「ファイブスター賞」を獲得しています。

特に、「ZS煌」のリリースによって、それまでは若い人が中心だったカスタマー層から、
30代40代の中間層までの人気を獲得できるようになっております。

このファイブスターは、乗員の保護だけではなく歩行者との衝突時における相手へのダメージが少なくなければ、高得点に繋がりません。
したがって、ヴォクシーは、乗員と歩行者の保護性能に優れたクルマと言えるでしょう。

VOXYの安全対策ってどうなってるの?

まず、一番重要なのはVOXYは「セーフティ・サポートカー(略称:サポカー※)」の認定を受けてます。
(高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。)

特徴を上げるとすれば、

①センサー(レーザーレーダー+単眼カメラ)
“Toyota Safety Sense C”は、レーザーレーダーと単眼カメラを両方使い、検知センサーに加え、検知センサーに基づく統合的な制御により、
事故の回避や衝突被害の軽減を期待することが出来ます。

まず、レーザーレーダーは近い距離の検知に非常に強く、
天候や、時間帯(昼・夜など)に影響を受けにくく設計されている一方、
遠い距離には向いていません。単眼カメラに関しては、逆に長距離まで検知が可能で、
対向車や、白線、ランプなども検知することが出来ます。

どちらも一長一短なのですが、この特性の異なる2種類のセンサーを組み合わせることで、認識能力と信頼性が非常に高いシステムとなっております。着車。

②車線逸脱警報。

この機能に関しては、幅が約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。この機能により、例えば高速道路などで車線を逸脱した際にも警報でお知らせしてくれます
③ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。これも非常に便利な機能で、当然ながら、高速などのトンネルでいちいち切り替えを必要としなくなるというメリットもあるのですが、それに加え、夜間で田舎道などで、
対向車がたまにくるからハイビームにしづらいけど、不安みたいなときにも非常に役に立ちます。

-トヨタ, 車種別分析

Copyright© 自動車保険の教習所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.